不動産のコツ

不動産のコツ教えます

TOPPAGE

一戸建てやマンションの購入であったり、進学・就職で賃貸マンションやアパートを借りたり、人生の節目節目で必ず関係性を持つ不動産。不動産に関わることは仕事として携わっていなければそうそう関係性を持つことはありません。しかし人生の節目を飾る不動産で失敗することはかなりの痛手になります。ここで普段なじみのない不動産について簡単に情報を説明できればと思います。また一部実際の不動産屋さんにヒアリングをしてご回答いただいたものもございますので、皆さま参考にしてください。

情報には最新の注意を払っておりますが、正確性を保証するものではございませんのでご自身の責任でご活用ください。

不動産エリア紹介:東京都中央区

2020年東京オリンピック開催地に近い、東京都中央区。ここには多種多様な地域が内在しそれぞれ違った風景を見せてくれるところが魅力的です。中央区というと、地方銀行の視点が集中し、大企業の本社が集う京橋地区、日本証券取引所のある兜町といったオフィス群に象徴されるなんだか堅苦しいイメージは否めませんよね。ただし、少し足を延ばすと日本有数の商業地・銀座があったりと地区ごとに雰囲気を変えている様々な表情を持つ地区と言えます。一見、華やかな所ばかりが目につきますが、元々は下町だった所なので、江戸情緒を色濃く残す、居住地区も当然ながらあります。月島~佃島辺りがその中心になりますが、こちらはあまりビジネスなどの雰囲気はない穏やかな住みやすい環境になります。

区内には都内でも有名な総合病院があり、小さいお子様がいらっしゃるご世帯やシニア層に優しい街でもあります。休日に家族で過ごす場所はいくらでもあり探す手間がかからないため、家族サービスにも身が入るのではないでしょうか。また、交通のアクセスが良好なため通勤通学のご家族がいらっしゃるご家庭にも住みやすい街となっています。坂が少なく平地が多いため、徒歩や自転車で隣接する地域の便利な場所にアクセスすることもできます。交通手段が発達しているうえに徒歩や自転車での移動が楽なため、車の必要性はあまり無いかもしれません。ご家庭での住まいの条件はそれぞれ異なるため、単に人気のある街だからといって鵜呑みにせず十分に検討しご自分で判断しましょう。

人気のエリアではありますが、地元の不動産に強い中央プロパティ―さんによると、やはり都心の新築マンション鈍化傾向を受け、この辺りも中古マンションが取引の中心だそうです。中古とはいっても、まだまだ築年数の浅い物件がほとんどではあるそうです。中央プロパティ―さんは、中央区の優良中古マンションを多数取り扱っている業者さんですので、これから住みたいと思ってる人でしたら相談してみるといいですよ。


賃貸物件のメリットと人気エリア

一軒家やマンションといった不動産物件を購入し、マイホームを持つというのは多くの人が夢見る事です。特に庭付き一戸建てというのは、いつかは叶えたい夢として多くの人が今も抱き続けています。確かに庭を思い通りに造り上げたり、或いはローンを払い終われば、家賃の様なまとまった金額を支払い続けなくて済む様になるというのは魅力だと言えます。ですが購入には、購入なりのデメリットも潜んでいます。というのも、仮に転勤等で引っ越しが決まった場合、家を売却する必要が出たりするという点です。しかも直ぐに売れなかった場合はローンを支払いつつ、新居の家賃も払う羽目になったりします。更に近所とトラブルが起きた場合、気不味いままその家で暮らし続けなければならなかったりします。

その点、物件購入と比較した場合、賃貸の身軽さは大きなメリットと言えます。というのも、もしも転勤で引っ越す羽目になったとしても、賃貸ならば契約を打ち切って、スムーズに新居に移る事が出来ます。更にご近所トラブルが起きた場合でも、無理してその家に住み続ける事なく、引っ越す事が出来ます。
更に新築を購入した場合、最初は真新しくて住み心地の良い家も、老朽化が始まってしまえば色々と不便さが出て来ます。ですが賃貸の場合は、不便さを感じる様になれば、別の新築マンションに引っ越す事が出来ます。購入と比較して、快適な生活を長く持続させる事が可能です。

ある不動産媒体の住みたいまち街ランキング(西日本版)というのを見ました。上位5位の中で1位芦屋、3位神戸、4位西宮とだいたい人気の街というよりもエリアとして神戸は圧倒的に人気のようですね。神戸周辺は山と海に囲まれた国際都市という自然と都会のバランスのよいエリアですので、人気になのも納得ですよね。もっと踏み込むと、この辺りは行政も非常にいいと聞きます。特に注目は神戸でしょう。この街を好きな理由として「観光の雰囲気の中にもしっかりと暮らしの気配がある」というコメントがありましたが、まさにこのエリアを上手くまとめた一言だと思います。憧れの神戸で暮らすなら、いい不動産屋さんがあります。神戸市内で4店舗営業していて、従業員のほとんどが神戸市在住という不動産屋さんです。ハウスプランニングと言いますが、中でも人気は六甲道の賃貸物件だといいますよ。スーパーなども多く、交通機関も選択肢があるのが人気の理由だそうです。もちろん、ハウスプランニングさんは六甲道にも店舗があります。


賃貸物件の防犯システム

物件の賃貸と購入と比較すると、どちらが得でしょうか。土地神話がまだ生きていた頃は、持ち家のほうが得であるというのが一般的な考え方でした。持ち続けるだけで資産が増えていくと考えられていたからです。実際、これは事実で購入した際の金額よりも売却したときの金額のほうが高くなることもありました。しかし、バブルがはじけた後は、逆に土地の価格が下落し続け、物件の資産価値は時間と共に目減りするようになりました。そのようなことを背景に、物件を購入するのと賃貸するのとではどちらにメリットがあるのだろうかと考える人は少なくありません。

たとえば、50年間持ち家に住み続けるのと、賃貸を続けるのとでは総合的な支払いはほぼ同じだと言われています。持ち家の場合、ローンは完済すれば自分のものになるわけですから、経済的な負担もなくなり、また持ち家を子どもたちに残してあげる事もできます。それに対して、賃貸はずっと家賃を払い続けなければならないので、老後同レベルの家に住み続けるにはそれなりの蓄えが必要になります。しかし、賃貸の場合は常に新しい物件に住まいを変えることの出来る楽しみがあります。最新の物件は耐震基準やセキュリティなども格段にアップしているという安心感や、機能性もアップし生活しやすいというメリットがあります。

マンションのサイトを見ていると、色々な強みが掛かれています。そこでよく見かけるのがセコム24時間セキュリティという記載です。ただ24時間セキュリティと書くのではなく、セコム24時間セキュリティという表記の仕方がセコムのブランド力の高さを物語っていますよね。セコムは、国内で圧倒的なシェアを誇る警備会社で、警備員の待機場所も、警備員の数も2位の企業に比べ圧倒的に多いです。そんなセキュリティのシンボルのような会社に24時間見守ってもらえるという安心感はやはり物件としても売り込みたいポイントということですね。


地域密着の不動産会社の魅力とは

東京近郊になると家を建てようという方も多いと思いますが、皆さんどこに頼もうか悩まれる方は多いですよね。地元の工務店に注文住宅をお願いするのがいいのか、大手ハウスメーカーに丸投げしてしまうのがい いのか、管理人のお勧めとしては、やはり地元にこだわった方がいいと思います。建てることも重要ですが、建ててからの付き合いも重要です。

工務店にお任せするのもいいのですが、地元の不動産業者でも独自ブランドで注文住宅を展開している会 社さんは多いです。例えば、こちらの国栄ハウジングなどは市川で30年以上のキャリアを持つ不動産会社になりますが、Beatusというとても素敵な住宅を販売しています。市川の情緒溢れる景観を考え、一邸ごとにしっかりした建築プランを検討し、街全体を調和させるというコンセプトを有し、地元に合った住宅を提供してくれるの地域密着の不動産会社の魅力です。また、不動産会社なので土地から全てお任せできるのも効率がいいですよね。

●地域密着型の不動産屋の魅力とは●
不動産を探すといえば、今ではインターネットが主流でしょう。検索エンジンを使えば、数多くの不動産サイトにヒットし全国対応が一般的です。しかし、長年地域密着で営業している不動産屋があり、いくつかのメリットがあります。まず、親身な相談ができることです。仮にギリギリの生活を強いられるということであっても、不動産屋に相談することで、良い物件を見つけてもらえる可能性があります。

また、できるだけ早く暮らし始めるにはどのようにすればいいのかなど、アドバイスを請うこともできます。いわば、不動産にまつわるアドバイザーのような役割もあるということです。さらに、なんと言っても、他社では扱っていない物件を抱えている可能性があります。特に賃貸物件であれば、大家さん自体が、地域での募集を好んでいる場合があります。

あるいは、長年の付き合いから、地域密着の不動産屋にしか入居者募集を頼まない人もいます。人材紹介企業を利用するメリットに非公開求人を多数抱えているということがありますが、それと似たようなものでしょう。言うなれば、掘り出し物に巡り会える可能性があるということです。全国対応の不動産屋であれば、テレビCMなども手がけているため、つい身近に感じてしまいます。しかし、個人主義が当たり前になった現在でも、まだまだ地域密着型の不動産屋を利用するメリットがあります。


一戸建て購入のコツ

これから家を買おうかなと思っていらっしゃる方にはお伝えしたいことがあります。まず、マンションは今は省きます。戸建てとマンションは多少違いますので。一戸建てでマイホームを手に入れようと思っている方には、中古物件をおすすめします。

そのわけは、値段です。家に限らず何でもそうですけど、一度誰かが住めば、それはその時点で中古品になりますね。不動産において、新築か中古かでは購入金額がえらく違ってきます。新築には宣伝費用や諸手続きのお金、それと会社によって仲介手数料がかかってきますから、それがその土地、その辺りの戸建て物件の相場の金額に上乗せされます。

なので、相場でいえば2600万ほどの土地と家であっても、それが新築であると価値までもが上乗せされ、3500万などに値上がりするのですね。しかし、一度でも人が住めば中古になりますから、新築のその家を購入した方が理由があってすぐ手放した場合、次にその家が売られるときは、もっと相場に近い金額になるのです。すくなくとも3500万はしません。高くても3000万ほどに下がるのが普通です。家を探している人で時間に余裕があるのなら、こういう物件を探すのがいいでしょう。新築ではないが、限りなく新築に近い中古物件ですね。不動産屋と仲良くなって、そういうものを探してみて下さい。


« »