不動産のコツ

不動産のコツ教えます

TOPPAGE

一戸建てやマンションの購入であったり、進学・就職で賃貸マンションやアパートを借りたり、人生の節目節目で必ず関係性を持つ不動産。不動産に関わることは仕事として携わっていなければそうそう関係性を持つことはありません。しかし人生の節目を飾る不動産で失敗することはかなりの痛手になります。ここで普段なじみのない不動産について簡単に情報を説明できればと思います。また一部実際の不動産屋さんにヒアリングをしてご回答いただいたものもございますので、皆さま参考にしてください。

情報には最新の注意を払っておりますが、正確性を保証するものではございませんのでご自身の責任でご活用ください。

賃貸物件の防犯システム

物件の賃貸と購入と比較すると、どちらが得でしょうか。土地神話がまだ生きていた頃は、持ち家のほうが得であるというのが一般的な考え方でした。持ち続けるだけで資産が増えていくと考えられていたからです。実際、これは事実で購入した際の金額よりも売却したときの金額のほうが高くなることもありました。しかし、バブルがはじけた後は、逆に土地の価格が下落し続け、物件の資産価値は時間と共に目減りするようになりました。そのようなことを背景に、物件を購入するのと賃貸するのとではどちらにメリットがあるのだろうかと考える人は少なくありません。

たとえば、50年間持ち家に住み続けるのと、賃貸を続けるのとでは総合的な支払いはほぼ同じだと言われています。持ち家の場合、ローンは完済すれば自分のものになるわけですから、経済的な負担もなくなり、また持ち家を子どもたちに残してあげる事もできます。それに対して、賃貸はずっと家賃を払い続けなければならないので、老後同レベルの家に住み続けるにはそれなりの蓄えが必要になります。しかし、賃貸の場合は常に新しい物件に住まいを変えることの出来る楽しみがあります。最新の物件は耐震基準やセキュリティなども格段にアップしているという安心感や、機能性もアップし生活しやすいというメリットがあります。

マンションのサイトを見ていると、色々な強みが掛かれています。そこでよく見かけるのがセコム24時間セキュリティという記載です。ただ24時間セキュリティと書くのではなく、セコム24時間セキュリティという表記の仕方がセコムのブランド力の高さを物語っていますよね。セコムは、国内で圧倒的なシェアを誇る警備会社で、警備員の待機場所も、警備員の数も2位の企業に比べ圧倒的に多いです。そんなセキュリティのシンボルのような会社に24時間見守ってもらえるという安心感はやはり物件としても売り込みたいポイントということですね。


地域密着の不動産会社の魅力とは

東京近郊になると家を建てようという方も多いと思いますが、皆さんどこに頼もうか悩まれる方は多いですよね。地元の工務店に注文住宅をお願いするのがいいのか、大手ハウスメーカーに丸投げしてしまうのがい いのか、管理人のお勧めとしては、やはり地元にこだわった方がいいと思います。建てることも重要ですが、建ててからの付き合いも重要です。

工務店にお任せするのもいいのですが、地元の不動産業者でも独自ブランドで注文住宅を展開している会 社さんは多いです。例えば、こちらの国栄ハウジングなどは市川で30年以上のキャリアを持つ不動産会社になりますが、Beatusというとても素敵な住宅を販売しています。市川の情緒溢れる景観を考え、一邸ごとにしっかりした建築プランを検討し、街全体を調和させるというコンセプトを有し、地元に合った住宅を提供してくれるの地域密着の不動産会社の魅力です。また、不動産会社なので土地から全てお任せできるのも効率がいいですよね。

●地域密着型の不動産屋の魅力とは●
不動産を探すといえば、今ではインターネットが主流でしょう。検索エンジンを使えば、数多くの不動産サイトにヒットし全国対応が一般的です。しかし、長年地域密着で営業している不動産屋があり、いくつかのメリットがあります。まず、親身な相談ができることです。仮にギリギリの生活を強いられるということであっても、不動産屋に相談することで、良い物件を見つけてもらえる可能性があります。

また、できるだけ早く暮らし始めるにはどのようにすればいいのかなど、アドバイスを請うこともできます。いわば、不動産にまつわるアドバイザーのような役割もあるということです。さらに、なんと言っても、他社では扱っていない物件を抱えている可能性があります。特に賃貸物件であれば、大家さん自体が、地域での募集を好んでいる場合があります。

あるいは、長年の付き合いから、地域密着の不動産屋にしか入居者募集を頼まない人もいます。人材紹介企業を利用するメリットに非公開求人を多数抱えているということがありますが、それと似たようなものでしょう。言うなれば、掘り出し物に巡り会える可能性があるということです。全国対応の不動産屋であれば、テレビCMなども手がけているため、つい身近に感じてしまいます。しかし、個人主義が当たり前になった現在でも、まだまだ地域密着型の不動産屋を利用するメリットがあります。


一戸建て購入のコツ

これから家を買おうかなと思っていらっしゃる方にはお伝えしたいことがあります。まず、マンションは今は省きます。戸建てとマンションは多少違いますので。一戸建てでマイホームを手に入れようと思っている方には、中古物件をおすすめします。

そのわけは、値段です。家に限らず何でもそうですけど、一度誰かが住めば、それはその時点で中古品になりますね。不動産において、新築か中古かでは購入金額がえらく違ってきます。新築には宣伝費用や諸手続きのお金、それと会社によって仲介手数料がかかってきますから、それがその土地、その辺りの戸建て物件の相場の金額に上乗せされます。

なので、相場でいえば2600万ほどの土地と家であっても、それが新築であると価値までもが上乗せされ、3500万などに値上がりするのですね。しかし、一度でも人が住めば中古になりますから、新築のその家を購入した方が理由があってすぐ手放した場合、次にその家が売られるときは、もっと相場に近い金額になるのです。すくなくとも3500万はしません。高くても3000万ほどに下がるのが普通です。家を探している人で時間に余裕があるのなら、こういう物件を探すのがいいでしょう。新築ではないが、限りなく新築に近い中古物件ですね。不動産屋と仲良くなって、そういうものを探してみて下さい。


土地購入のコツ

土地を購入する時のコツを見ていきます。土地は用途によって名目が違います。田、畑、宅地、森林等さまざまです。ポイントとしては、いずれの場合も、道路や通路から直接出入り出来ない土地は問題があります。つまり、購入しようとする土地が実は通路部分が他人の持ち物である場合は珍しくありません。また、道路と土地の間に水路があって、簡単に渡るためのフタをかけようにも、水利組合の同意が必要であったり、自治体に届けが必要な場合もあり、許可が降りない場所もあります。

つまり、まずは、道路から自分の敷地に直接出入りが可能である事が当たり前のようですが大事です。そして、その問題がクリアしているなら、今度は敷地にスムーズに入れる事が大事です。建築基準法では、奥まった敷地でも道路から奥の敷地への通路幅が2メートル必要ですが、2メートルギリギリ無い場所もあります。そうすると将来家が建てれません。いまは別の用事で使用する敷地でも、将来建築物が建てれないのでは用途に制限がありすぎます。そして、登記簿の地形寸法図をよく確認する事です。そうすれば、先ほどの通路問題は防げます。あとは、昔ながらの風習の苦手な方は家を建てるのが目的なら、古い住宅の地域を避けるものコツです。


マンション購入のコツ

不況になってからは、不動産を購入する人が少なくなっています。新築の戸建やマンションは、設備も最新ですから値段もそれなりに高いです。最近注目されているのが、中古の戸建やマンションです。値段も安く購入できるので、安く購入して使いやすいようにリフォームをする人達が増えています。

戸建よりもマンションの方が、セキュリティなどがしっかりしているので、人気が高く築年数が10年以下の物件がねらい目です。一昔は、戸建が人気でしたが庭の手入れや維持費を考えると、マンションの方が良いと答える人が多くいます。人によって、家族構成や収入などが違いますから、自分の合った物件を探す事が一番です。

マンションを買うと決めたら、いろいろな情報を収集した方が良いでしょう。新築と中古で違う場合もありますから、どちらにするか決めて物件を探した方が賢い方法です。立地条件や交通の便などで、値段が全然違ってきますから何を重視して買うか、良く考えてから判断した方がよさそうです。いかに条件が良い物件を見つけることができるかが、不動産を買う時のコツと言えます。不動産も縁が無ければ、手に入れることができませんので、物件以外の金銭的な部分も情報収集しておいた方が良いでしょう。


« »